人気ブログランキング | 話題のタグを見る

猫にまなぶ

我が家には2匹の猫がいる。
先住のアメショーは、3か月まで母親の元に居てずっと家猫なので、彼女なりの性格で穏やかだ。
もう1匹の三毛は保護猫。結構劣悪な環境から来たから、随分ましにはなったけど、警戒心が強い。
けれど、私にはすごく甘える。
夜中には何度も甘えた声で、寝ている私に乗ってくるから、小さいとはいえ寝苦しくて「いつも言ってるけど、こっちで寝てね!」と、どかせてはなだめること数回。やっとのことで、落ち着く。

先日、友達に、毎日だから、つらい~って話すと「自分はここに居ていいよね?って確認してるのよ。だから、大丈夫。愛してるよ~ってどかしてみたら」とのアドバイス。
なるほどね!と、早速やってみると、あら、すぐに居なくなった(笑)

ふと、依存症の次男を思い出す。
何度も繰り返した問題行動に対して、あれこれ言ってもやっても変わらなかった。
あの時、「大丈夫よ~。愛してるよ~。けど、それは貴方の問題ね!」って言えたら違ったかもね。
先日、国の施設に居る彼からきた手紙に「回復施設のスタッフから、母さんが悲しんでると聞き、まだ見放されてないと思い、うれしかった」とあった。
悲しんでるのがうれしいとは!?って思ったけど、それは彼の確認だったんでしょう。
まだ、スムーズに回復は進まないこともあるけど、無力を素直に受け入れて、自分の人生を生きてくれることをただ祈ります。

「大丈夫よ。あなたを愛してるよ!」


sakura

毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします
ブログランキングに参加しています。
下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

# by familiesofaddicts | 2022-01-24 13:29 | Comments(0)

断捨離

年末から少しずつ不要な物を処分している。

私は何かを決定してすぐ行動に移すという作業があまり得意ではない上に整理整頓も苦手。
気が付くと納戸代わりにしている空き部屋に不要な物が増え続けていた。
いつか着るかも知れない服 いつか使うかも知れない鞄 まだ履けそうな靴…いやいや勝手にそう思っていて数年間そのまま置いてあるだけの単なる不要品たちを思いきってどんどん捨てていった。
要らない物を手放して行くのは思っていたより気持ちがいい。

私の頭の中も断捨離が必要だと思う。
要らない感情をどんどん捨てていいのだ。
不必要な怒りや恨みは自分を苦しめるだけで何の役にも立たないと知っているのに、いつの間にか心の中に貯めていたなぁと気付く。
何となく気持ちがどんよりしていたのは、不要な物を溜め込んでいたからなんだな…

十数年前に、息子の薬物依存症で私は自助グループに辿り着いた。
悲しみと絶望感しかなかった当時の私が、ここで仲間と繋がり、今ではこうして『余計な物(ネガティブな感情)は捨てよう』と自然に思える様になっている。
何より私が私自身の生き方を見直す事の大切さを知った。
整理整頓が苦手な私の思考は、息子の問題と私の問題をぐちゃぐちゃにして全て私が解決しなければいけないと勝手に思い込んでいただけだったし、そのせいで息子の病気を悪化させていただけだった。

暮らしの中の整理整頓と同じように、感情もきちんと見直して整理整頓しよう。 そして要らない物は捨てて行こう。
もし迷ったら、仲間がきっと助けてくれる。

  ジャスミン

毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします
ブログランキングに参加しています。
下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


# by familiesofaddicts | 2022-01-23 14:53 | ジャスミン | Comments(0)

精神病院からの電話

機嫌良くテレビを見ていた時、
携帯電話に非通知からの着信。
出てみると、久しぶりに聞く薬物依存症の息子の声でした。

「お母さん、俺。もう病気治ったから、ここの病院から身元引き受けしてほしい」

「それはできない。施設のスタッフに連絡してみたらどう?」

「あー、わかった」

1分にも満たない会話でした。

私は、あなたの一番の味方だから!
一言そう声をかけようとした瞬間に電話は切れてしまいました。

そのあと、涙が溢れてきました。
遠い離れた場所の、精神病院で入院している息子。
そう思うと切なくなります。

息子を見捨ててしまったような気になります。

しかし、以前のように毎日息子を見張り、
私の頭の中は大麻等の薬物の事で一杯で、
どうにもならなかった。

あの生活に戻ることはできません。
この選択しかないと思っています。

すぐ施設のスタッフへ連絡を入れました。
定期的に面会に行って下さっている事や、
息子の様子も教えてもらいました。

その電話のときはまだ閉鎖病棟にいて、
不安定な状態だということでした。

その後、2ヶ月ほど入院し、
また息子はリハビリ施設に戻りました。

私がそばにいなくても、息子は一人じゃない。
私も一人じゃない。

私は私の仲間にこの気持ちを聞いてもらおう。
仲間に励ましてもらおう。
そして、私も仲間を励まそう。


すずめ

毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします
ブログランキングに参加しています。
下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

# by familiesofaddicts | 2022-01-22 00:00 | すずめ | Comments(0)

包丁の矛先

自分の父親との関係は良いとは言えず

子供が授かった時はいい関係を築きたかった。

息子3人の子宝に恵まれ楽しく幸せだった。

それは、自分が描いていた親子関係だったと思っていた。


次男は、スポーツを辞めた中二から非行と薬物使用

楽しかった我が家は、次第に薄暗い地獄へと変わっていった。


何とかして家族を立ち直らせて再生したい

このままでは最悪の状態になってしまう

その強い強迫観念は、家族のみんなを逆の方向へと

まっしぐらに突き進ませてしまった。

当時は自分の行動が依存症者とその家族にとって

悪化させている事を知る由もなく

自分なりの一生懸命のもがきだったと思う。


薬物使用の次男は、ありとあらゆる薬物に手を出し

薬物依存症へと変わっていった。


次男の部屋から澱んでくる変なにおい

へらへらと笑い視線がどこかに行っている

動物のような食事

そして、幻聴・幻覚に囚われた行動


可愛かった次男を変えてしまった薬物を恨み

薬物を使用している息子を恨み

やがて次男の存在自体を恨むようになった

いっそ、死んでくれ・殺してしまいたい。

それを思っている自分が

どうしようもなく、辛かった。


そんな暮らしの中で私は次男が

同じ部屋に居たとしても存在を無視していた。

なんかのきっかけで、「俺をゴミみたいな目で見るな!」と

突っかかれ、喧嘩となる。

エスカレートしては、何度か次男は包丁を持ち出してくる。

うわっ・刺される!興奮状態の私は、そのとき何を考えていたか?記憶にない


しかし息子は、その包丁を自分に向けて「俺を殺してくれ!」と泣き叫んでいた。

またある時は、バットを持ち出しては、「車を潰してやる!」

あ~あ、車もうアカンなと思っていたが

タイヤを叩き、車は無傷


あの時は、息子の気持ちを受け入れる余裕もなかった。

ただただ恨み・憎しみそして絶望が頭の中で渦巻いていた。

今思えば、父親との繋がりが切れていることが

寂しかったのかなと思える節がある


今の私は違う。


どんな息子も受け入れ、言葉には出さずとも

「今の君を愛している」との態度で接する様に努力する。

今の私にはまだ、それぐらいしかできないが・・

愛しいと思っていた気持ちが、憎しみ・殺意になっていた感情を

以前のように思えるには、まだ時間がかかるようだ。


自助グループに繋がり、回復している仲間に私は影響され

少しずつ親子関係を修復して行っている。

物やお金の繋がりはないが、絆は持ち続けていきたい。

そのために私は仲間たちに中に居続けようと思う。



GENGEN




毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします
ブログランキングに参加しています。
下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

# by familiesofaddicts | 2022-01-21 15:11 | GENGEN | Comments(0)

共依存

薬物依存症の息子が出所して来た

突然‼️

お風呂沸かして、夕飯の支度途中に
ピンポーン
宅配の人かと、玄関に出てみると息子の姿が--

オミクロン株が流行っているこの頃、
必要な物〔スマホ・免許証・服〕等
必要な物は送ろうと思っていた!

決意していたのに見事に崩れた

寒いやろ早く家の中に入り
夕飯食べる?
お風呂は?

保護観察の元で生活させていただいてる
住所変更の為来たので、ついでにここまで来た。
夕方のこの時間なら、要ると思ったと〜息子

お風呂に入り夕飯を食べた
家族4人で和気あいあいに
話しながら、こんな雰囲気で食べたのはいつ頃だった?

ついこの前でもある
ずいぶん前でもある

手放すと決めていたのにこんな事して〜
私はお茶を飲みながら、
美味しそうに食べる息子を見てた。

電話が繋がったら、電話すると息子に言われ
又集合住宅での生活が頭をよぎる

電話せんといて
前みたいに、いちいち行動をチェックして
うっとうしいオカンに、なりたくないねん。
嫌やろう❗️

服をバックに詰めながら
オカンお金くれへん?

給料前やから、すこししかないで〜
と言いつつお金を渡してしもうた

パートナーは気に入ってる服を上げてた
薬物を使用していない息子は、
本当に優しく思いやりのある良い子

手放すという事は本当に難しい事を実感した

門限が有るらしく9時半迄に戻らないといけない
少しゆとりをもって家を出たが電車に乗った事が無い
無事に帰れたのか一晩中気になってしまった

家族会で!
わかる、その気持ち、親心
私もそうだった

共依存している限り薬物依存症は治らないのよ

してしまった事は元に戻らない
これからは愛をもって手放すこと
やってあげたいけど、私がしんどくなるから!

何もしない

又お金をくれと言ってくるかもしれない
そんな不安があるが
家族会、自助グループの先行く仲間の助言の元、
息子に対応したい。

pure

毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします
ブログランキングに参加しています。
下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

# by familiesofaddicts | 2022-01-19 00:01 | pure | Comments(0)