人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タンポポの綿毛が風に乗って種子を運ぶように私たちの思いが​苦しんでいるあなたのもとへとどきますように。


by 関西薬物依存症家族の会

様々な回復のカタチ

薬物使用は怖いと刷り込まれて

育った世代

ただ漠然と、関わらない世界のことだと

思っていた


わが子が依存症になって

こんなに近い処に誘惑の手がある

社会なのだと実感した


薬物使用の症状の怖さを強調して

使用の抑止を目指すことの限界を感じる


違法薬物だと知らずに使用する場合もある

使うきっかけや状況は様々で

一括りには出来ない

一度の使用がエスカレートして

苦しむ人達に問う罪より

回復支援の道筋を付与することが大切


依存症になることを選んだわけではない

けれど回復の責任は其々にある

そんな姿勢で依存症という病に向き合って

生きる人たちがいる


先日薬物依存症者の方々に

お会いする機会があった

プライベートな時間に駆けつけてくれて

家族の者たちの話を聞いてくれた


とても正直に自分のコトを話される

上から目線ではなく…

その姿勢に惹きつけられた


依存症という病に向き合い続けて

自身の問題に真摯に取り組んでいる

回復を続けるコトは決して平坦ではないのだと

改めて感じた

使用をやめても生き辛さが

解消されたわけではないから…

同じような経験をした仲間の中で

問題を分かち合い今日一日を生きていく


私にも依存症から影響をうけて自分が

娘を依存症にしてしまったという

間違った罪悪感や

背負わなくていい責任に耐え

息をひそめて暮らす時期があった


依存症者の家族にとっても社会の無理解が

とても重圧になる

未だに薬物中毒というワードが報道される…

不安な家族は何を聞いても観ても

混沌としてしまう

私が薬物報道を一切観なかった頃

自分の気持ちがかき乱されるのを

恐れたからだ


今では依存症への理解のない

依存症者の人格を否定する報道が

もたらす不快さを感じているだけではない


適切な対処をすれば依存症は回復できる病

であること

様々な回復のカタチがあることを知る
何度かの失敗を繰り返して
少しずつ回復をしていくのだ


家族も自助グループという安全な場所で

自身の人生をとり戻してゆく方法を学び続ける
もちろん良からぬ感情に支配されることもある
だけどどんな私でも受け止めてくれる
同じ経験をした仲間がいる


そんな健全な在り方や場所が
私に平穏な生き方を与えてくれた

      Luna


by familiesofaddicts | 2019-11-07 12:33 | Comments(0)