人気ブログランキング | 話題のタグを見る

さらなる一歩を。

このところ薬物関連の事件が立て続けにおこっている。
「ほら、もうすぐ違法薬物使用者のバッシングが始まるよ」どこからともなく耳元で囁く声が聞こえてくる。
そして私たち薬物依存症者の家族の多くは息をひそめ、どこかに隠れたくなる。
まるで我が子が責められているような、親である私が責められているような気がするのだ。
そして、これから続くバッシング報道によって、回復施設で頑張っている当事者の仲間たちがどうか傷つきませんように、と祈る。

相変わらずの心ないバッシング報道や、間違った知識によるとんでもないコメンテーターの発言もあるが、最近は薬物依存症は病気なのだから厳罰に処するよりも治療に繋げた方がよい、などの報道やSNSでの発信も増えてきた。
恐れず、ひるまず、発信を続けてくれた仲間や医師のご尽力のおかげだと感謝している。

けれども、私たちはその人たちにいつも「ありがとう」「感謝しています」と言うだけでほんとうにいいのだろうか。
私は発信するのが怖い。
私は発信するスキルがない。
そんな言い訳を並べて、表に立って日々頑張っている人たちに頼ってばかりいた。
依存症者に対して「自立して生きていって欲しい」と願いながら、なんのことはない、私も自立できていなかったわけだ。

こうやってブログを立ち上げたことで、自立の第一歩を踏み出した。
さらなる一歩を踏み出す時が来た。
誰かに理解してほしかったら、まず私が自分の思いを伝えることから始めなければ。
私は一人じゃない。家族の仲間がたくさんいる。だから恐れることはないのだ。
日本だけじゃない、世界中に同じ経験を持つ仲間たちがいるのだ。だから大丈夫。

昨夜、勇気をもって発信してくれた仲間たちがいる。
彼らの勇気がたくさんの人に届きますように。
私もまた、たくさんの人に届けたい思いをカタチにしていこう。
         

  *NINA*



by familiesofaddicts | 2019-11-12 11:06 | Comments(0)