人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パートナーに感謝!

息子と離れて暮らして、4年ほど。

物理的な距離が出来ると、自分が息子に影響される生活が一変して、安堵な生活になってくる。

しかし、自分を苦しめているものは、息子の依存症だけの問題ではない。


依存症の息子と離れると、確かに息子の件に関しては以前より楽になった。

でも、ほかの問題で辛くなる。

今年もあと少し、今年も色んなことがあったし、来年やこの先どうなるのだろう?

最近なんだか落ち着かないし、ザワザワ感がずーと自分の中でグルグルしている。


そんな中、パートナーと二人で大掃除。

カーテンを外して洗濯して、取り付ける。

紐で巻き上げ式のカーテンなので、ひもを通してフックにくくり、3本の長さを合わせなければならないが、少々面倒くさい、ちょっとイライラ!


「これどうするの?」とパートナーから一言。

面倒くさいが、「そこは、こうして、こうするや!」と説明。

少ししてから見たら、ちょっと間違っている。

苛立った感情から「それで良いのか!、あるべき姿で考てみろ!」という言葉が出てしまった。

その瞬間、「あ~!やってしまった」もう引っ込みがつかない。


職場でも同じことを言っている。

パートナーは、若干不機嫌になり(そりゃそうだ!)急に他人行儀な言葉になる。

ここは、何とかしなければ!

やばい、このままでは駄目だ。

しかし、素直に謝れる心境ではないし、いったん距離を置こう。


「外のガラス洗ってくる!」と言って、一旦、パートナーと離れて距離を取る。

窓ガラスを洗いながらつくづく思う。

20代の頃よくイライラして、八つ当たりしていたな。

今も、一緒やん!

「ごめんね!」と心の声、しかし素直に謝らない。


自分に余裕がなければ、他人に優しくなれない。

若くして結婚していた頃、「お金の余裕は、心の余裕」だから、自分に余裕がなかったな!

とか、自分の境遇とかに問題をすり替えていた。

今思えば、恥ずかしい。


じゃーどうすればいいの?

そんなの解らない!


僕が通っている自助グループのなかにはそれを、感じられることが出来る。

本当は、特効薬みたいにすぐ効き目のある方法を知りたい。

めんどくさがり屋のイラチの性格なので!


とりあえず、自助グループに行きサービス活動や、メッセージを運んでみよう。

自分の生き方を見直すプログラムをやり続けてみよう。

その事で、息子との関係性も少しずつ改善出来てきた。


パートナーにもっと感謝しよう。

とりあえず、来年からでいいか!(それがアカンか!)


数日後、ある場所で謝りました。


パートナーさん、いつもありがとう!


GENGEN


by familiesofaddicts | 2019-12-23 06:49 | Comments(0)