人気ブログランキング | 話題のタグを見る

孤独は、アカンよ!

今年の正月は帰省して実家で迎えました。

正月を実家で迎えるのは2年ぶりですが、去年は5回目の帰省だ。


以前の僕は今まで、父親の事を好きではなかった。

むしろ、拒絶して嫌っていた。

子供の頃や社会人になり帰省していた時に、庭先で他人の悪口を言っていた。

母親にも辛く当たり手を出すこともあった。

それが凄く嫌であり、父親を拒絶する原因である。


父親は現在、介護施設に入所しており、母親は実家におりディサービスや在宅看護に来てもらっている。

僕には弟がいて、僕の代わりに家督を継ぎ、両親の面倒を見てくれていた。

その弟が、昨年の310日に妻(義妹)を残して急死した。


義妹は同じ敷地であるが別棟に住んでおり、両親の面倒を見てくれている。

弟が亡くなる1年前に、叔父さんが他界した。

叔父さんの最後は、不憫な形で人生の幕を下ろす形になっていた。


当時、弟が本家である実家でお骨や位牌を引き受けた。

その叔父さんの1周忌の前日に、弟は急性心筋梗塞で急死した。

僕の心は、凄くざわついた。


それ以上に反応しているのが、義妹である。

不憫な亡くなり方をした叔父さんが、弟を黄泉の国に引きずりこんだため、弟は亡くなった!と思っている。

弟の体は丈夫で、悪いと所は無かったようだったのに!


しかし、亡くなったあとに彼の友人たちから話を聞けば、心臓が辛い様子があった様だ。

そんな事は、義妹にすれば今はどうでもよい事と思える。叔父さんが憎い!


彼女の気持ちは十分理解できると思う。


自分が抱えきれないほどの、悲しみや辛さ、いら立ちや不満があれば、他の人に向けて攻撃してしまう。

僕も同じだ、職場や、家でパートナーに!(なんだか、父親と同じようで自分が嫌になる)


僕以上に不器用な父親も、同じであったと思う。

今は、父親の境遇を理解でき、僕自身も当時に比べれば大人になっていると思うので、父親を受容できる。


薬物依存症の息子の事を考えてみた。

息子も同じように当時は、悲しみや辛さ、いら立ちや不満があったと思う。

だけど、一番決定的なものは、「孤独」ではなかったのか?

薬物が、使っている時だけ孤独感を薄らいでいたのではないか?

孤独感は父親や義妹も若干感じていたと思うが、依存症者ほどではないと思っている。


僕も、子供の時に友達から仲間はずれされた経験がある。

からかわれたり、馬鹿にされたりする事より、無視が一番きつい。

今でも、その体験は心の傷となっている。


生きていりゃ、色んなことが起きますよね。

イライラしたり、不安になったり、怖くなったり、

依存症の息子の事、会社の事、実家の事、元気(飼い犬)がソファーにお漏らしする事など。


僕の場合、職場で孤独を感じていている事が多い。

辛い時に、自助グループでその気持ちを打ち明けることで仲間が寄り添ってくれる。

それで、孤独感はだんだん薄れて行き自分の居場所が分かることもある。


色んな、状況で辛い思いをしている仲間(ブログを読んでいる方)は、沢山おられると思う。

自助グループに行けば、同じような境遇を経験した仲間が話を聞いてくれる。

こころを開けば、直ぐに状況を解決することは出来ないが、孤独になることはない。

一人でも孤独な方が少なくなって欲しいと、僕は思う。


GENGEN


by familiesofaddicts | 2020-01-16 08:44 | Comments(0)