人気ブログランキング | 話題のタグを見る

少しの勇気

依存症の次男の事を古くからの友達には話している。
新しい友人にも機会をみて話すようにしている。
私と次男の在り方は恥じるものではないし、隠すことは次男に失礼かな。とも考える。

それに、知ってもらうことで、事情を知る友人の周りに家族の依存症で困っている人が
居れば、私のことを思い出してくれれば、話してくれれば、まだ苦しんでいる仲間に繋がるかもしれない。

夕べも1人に話した。
彼女は地域の活動から、色んな企業とも繋がっている人脈の広い人だ。
「話してくれてありがとう。同じ立場の仲間以外の近所の仲間として、いつでも話を聞くからね。
 そういう経験を色んな悩みを抱えている人に役立てることができたらいいね。」と。温かい。

少し勇気がいることではあるけれど、小さな出来ることを続けていけば、大きな力になると思う。

sakura

by familiesofaddicts | 2020-03-02 10:00 | Comments(0)