人気ブログランキング | 話題のタグを見る

しっかり者のワタクシ?

9日間の夏休みが終わり、昨日からまた仕事が始まった。

午前中は、のんびりと郵便物をチェックしたりして過ごし、さて申請書類の作成にとりかかるとするか、と午後から気合いを入れ始めた時のことだ。
あれ?もしかして提出期限過ぎてるんじゃない、これ。
にわかに心臓がバクバクしだした。
どうしよう、申請できなかったら損出をだしてしまう。
なんて言い訳しよう。
そう、まず言い訳を考えてしまう私なのだ。
いやいや、まずは申請手続きのマニュアルをチェックすべきだろ。
震える手で、マニュアルを起動して、あ~、やっぱりあかんやん。どうしょう。
落ち着け、私。
遅れた時の救済策はないか調べよう。
あっ、違う、違う、提出期限はまだ1か月先やん!
あ~助かった。
神さま、ありがとうございます。

それもこれも、原因は私の怠慢だ。
さっさと申請書類を作成して提出しておけば、こんなことにはならなかったはず。
まだ時間がある、といつものように先延ばしにしていたのだ。
私はおしりに火がつかないと、どんなことでもエンジンがかからない。
そして、慌てふためき、ミスを連発する。それもありえないような、凡ミスを。

給料の遅配という、致命的なミスを犯してしまったことがある。
連休が挟まっていることがわかっていながら、日にちを数え間違えて給料の振込が一日遅くなってしまったのだ。
朝起きた時に、突然そのことに気づき、その場から動けなくなった。
なんて言い訳すればいいんだろう?なんかうまい言い訳はないだろうか。
この時もまず自分の保身を考えていた。
いやいや、どんな言い訳も通用しない。
とにかく社長に報告して、社員のみなさんにも謝ろう。
社員のみなさんに平身低頭謝罪して事なきを得たが、あってはならないミス。
小さな会社で、社員数が少なかったことで救われた。

かようにして、私はうっかりしている人間で、おまけに怠け者だ。
けれど、どういうわけかしっかり者だと言われている。
長女に生まれたことで、家族からもしっかり者であることを求められ、なんとかそれに応えようと生きてきた。
そしたら、家族以外の人たちからもしっかり者であることを求められ、それにも応えようとしてきた。
時々、ほんとの私はそうじゃない!みんな私に期待しないで。やめて!と叫びたくなった。なにもかも投げ出したくなった。
投げ出すことができなかった私は、みんなの期待に応えられない時には、恥ずかしくて、怖くて、言い訳をしてそれを隠そうとした。
言い訳、というより、それは小さな嘘だ。
その場は取り繕えても、小さな嘘の積み重ねは、どんどん私を苦しめ、卑屈にした。

息子の依存症の問題で、出会った12ステッププログラム。
もう嘘をつかなくていい。ごまかさなくていい。
恐れと、苦しさから、どんどん解放されていった。
先日、高知東生氏とたかまつななさんの対談を観て、また力をもらった。
変えられるものは、変えていく勇気。
まずは、おしりに火がつく前に動こう。言い訳をするのはやめよう。間違ったら謝ろう。

私はしっかり者ではありませんよ、みなさん。
そこのところ、よろしく!

 *NINA*






by familiesofaddicts | 2020-08-18 11:10 | NINA | Comments(0)