人気ブログランキング | 話題のタグを見る

揺らぐ。

依存症の当事者も苦しいけれど、家族もまた苦しい。
家族も傷つき、恐れや不安でどんどんおかしくなっていく。

そして月日がたち、多くの家族は自助グループにたどり着き、12ステップに取り組む。
ずいぶん生きることが楽になったなあ、と自身の回復を実感できるようになる。

それでも、やはり家族は揺れる。心が揺らぐ。
薬を使わず生きている息子、娘、パートナー。
信じているけれど、信じられない。
彼らは彼らの人生を生きている、ということはわかっている。
それでも、いつもどこかで心配したり、不安になったり、恐れたりしてしまう。

かつての生活が突然蘇ってくる。
なんども信じて裏切られた記憶の声が、信じちゃいけないよ、また裏切られるよ、と囁く。
一方で、信じられないあなたはひどいヤツだ、なんのためにプログラムをやっているの?ほんとあなたはダメな人ね、と責める声が聞こえる。

こんなこと言ったら、こんなことをしたら、気分を害して彼は薬物を使いたくなってしまうんじゃないか。怖くなって言葉を飲み込み、踏み出した足を引っ込める。
仕事や人間関係が大変そう、ストレスでまた薬物を使ってしまうんじゃないか。ありもしないことを想像し、震える。
いやいや、それは妄想、薬を使うか使わないは、私の問題じゃない。
そう何度もそれらの考えを振り払うのだけれど、どうやっても不安や恐れは拭いされない。

揺らぐのだ、どうしたって。
それだけ、大変な月日を過ごしてきたのだから。
けれども、その揺らぎは誰かのせいじゃない。
私の問題なのだ。

揺らぐのだ、いつだって。
だから、自助グループに行く。
仲間に話す。
スポンサーに話す。
そして私は正気に戻る。

揺らいでもいいのだ。
だけど、ひとりでその揺らぎのなかにとどまらない。
それが、私の回復。

  *NINA*








by familiesofaddicts | 2020-11-17 11:49 | NINA | Comments(0)