人気ブログランキング | 話題のタグを見る

幸せを測るものさし

12日に父が逝った。

戦時中に生まれ、戦後の貧しい時代に生まれ育った人である。


父は近所の人に、「ケンちゃん」と言われて親しまれていた。

近所の人と焼酎を飲んでは陽気になり、よく踊っていた。

また祝い事になれば、必ずと言って皆の前で踊りを披露していた。


そんな父であるが、厳しい時代に生まれ育ち、7人兄弟の長男として兄弟たちの面倒を見るため、一生懸命働き詰めだった。

自分にも厳しく、子供の私たちにも厳しく、母にも辛く当たっていた。

記憶の中の父は、いつも怒られて顔色ばかり伺っていた。

私は、そんな父が嫌いであったし、むしろ軽蔑していた。


そして、通夜の夜

線香やロウソクの寝ずの番をする。


父の遺影を見ながら、ふと感じた。

「父の人生は辛いことばかりで、なんだか可哀そうだな」と思っていた感情が、ぐるりと変わった。

前日の仮通夜の夜、父の遺影や葬儀場に飾る写真を選ぶため、父の写真を選んでいた。

父の若かりし頃

結婚直後と思われる頃

幼少期の私と父

孫と過ごしている時の父の顔など

ほどんどの写真が笑っている。


辛いことの多かった父の人生であったが、父には集落の人、仲のいい友人、そして家族がおり幸せを感じていたんだ、楽しかったことも沢山あったんだ。


私は、勝手に父の人生を決めつけていた事に気が付いた。

私の「幸せを測るものさし」と父の「幸せを測るものさし」は違っていたんだ。

父に対し、すごく失礼なことをしていたと思った事と共に、ほんわかで温かい感情も覚えた。

遺影を見ていると色んな記憶がよみがえる。


雨の日、庭の木に縛られていたこと。

大きな大木に夜中に姉と縛られ、フクロウが鳴いており怖かったこと

土間を掃除するホウキで殴られ、鼻血を出したこと。

高校の体育祭を弁当を作って見に来てくれたこと。

喧嘩して警察に捕まり、泣かせてしまったこと。

書ききれない思い出が次々とあふれだしていた。

温かい記憶も思い出すことが出来た。


アダルトチルドレンの私は、これは「埋め合わせ」だと言う事に気づいた。

12ステッププログラムを実践していることで、気付かせて貰えた感覚だろう。


あるお坊さんの言葉です。

「死は、無くなるという無ではなく、尊い死によって、尊い誕生がある」という言葉を思い出しました。

父の死によって、私の中に何かが生まれたかは分かりませんが、言葉や文字にできない何かを感じることはできた。

できれば、父が生きているうちに父の幸せ感じたかった。

しかし、父の死が無ければ感じることはなかっただろう。


そして、依存症の次男の「回復の物差し」を決めつけないようにしようと思った。


人生の中で、仲間の存在は絶対必要だ。

同じ境遇の辛さを共感してもらえる仲間・助けを差し伸べてくれる仲間がいるから、私は絶対この先の人生もの乗り越えていけると思う。



GENGEN


by familiesofaddicts | 2021-01-14 16:26 | GENGEN | Comments(0)