人気ブログランキング | 話題のタグを見る

やさしいお蕎麦


我が家の依存症者は次男28歳!

私は、彼が大好きだし大切です。

その次男が14歳から薬物を始めました。

5人家族と愛犬がみんなが別々の方向に

行きました。

私は心はこうやって壊れていくんだと実感

家の中が、機能不全家族に変わっていきました。

その機能不全の家族の中にいた私が

昨日、「やさしいお蕎麦」に

涙しました。


去年から、自宅にいることが多くなり、

手打ち蕎麦を

家族が作るようになりました。

昨日のお蕎麦はまとまらなくてプツプツと

切れるし蕎麦の幅は細いのや、

うどんのように太いの様々なんです。

何かが、違うのでしょうね〜

上手くいかない。でもね、

食してみると、蕎麦粉のふわっと香る感覚

「やさしい」んです。


心が壊れる感覚で繋がった「ナラノン」

その時に仲間に迎えてもらい、安らぎをもらった時の優しさに

似たように心を癒してくれます。


数年前は、

息子の問題でバラバラの家族でした。

何をしても上手くいかない。

ナラノンに通い続け仲間の「経験、力、希望」を

教えてもらうことで、

私は、自分の共依存を知りました。

今もフッと共依存が顔を出してきます。

子供達はそれぞれの道を歩んでいます。

やはり、時々行動を間違える時もあるし、

ざわざわする時もあります。

 だから、ミーティングへ行きます。

仲間の中にいることで、

共依存ですが、胸を張って

「家族が、大好き、大切そして、

自分も大切。」と

言えるように生きたいと思います。



IKO


by familiesofaddicts | 2021-02-08 13:05 | IKO | Comments(0)