人気ブログランキング | 話題のタグを見る

素晴らしきポンコツ達

私は時々ポンコツになって、気づきを与えてもらえる。


ポンコツになったら、何をどうして良いか分からない

ただ不安や恐怖、怒りや憎しみに潰されそうな時もある。

ポンコツになっている時は、めんどくさくて体が重い。


酒の量が増える。


そんな時こそ、自助グループに行き人の話に耳を傾け、自分の気持ちを話す。

私がポンコツな時に仲間は、そっと寄り添ってくれる。

仲間は、他の仲間のポンコツセンサーの感度は敏感だ。

仲間が話しているメッセージは、心に響きそして励ましてくれる。

自分はそれでいいんだ、失敗や後悔は過去のもの。

そして、薄曇りの頭の中で方向が分からない私に、気付きを貰える。


私もこの仲間の様になりたいと願う。

仲間は、先生でも師匠でもない。上も下もない。

私より、先に繋がった仲間は先輩ではない、「先ゆく仲間」だ。


しかし、その仲間も時々、ポンコツになる。

それは、なんだか示し合わせたかのように時々ポンコツになってしまう。

私にしたらスーパーマンのように思える仲間でも、ポンコツになっている。

ウソ―!?完璧な人っていないんだ。

だから、仲間が必要!


ポンコツだから、人の気持ちがわかる。

仲間の事を共感できるし、共感して貰える。

そこには、なんだか暖かいものを感じ居心地がいい。

ポンコツの弱いガラスのハートがあるから、強い意志が生まれる。


そこには自分を変える行動が必要です。



GENGEN


by familiesofaddicts | 2021-03-04 10:34 | GENGEN | Comments(0)