人気ブログランキング | 話題のタグを見る

関西薬物依存症家族の会のブログ (境界線)

101.png 本日14時から家族相談会です 101.png


自己憐憫確かに読まれへんかったし

 いまでも書かれへんぁ(汗)


自助グループに繋がりいろいろな業界用語?

に出くわし「???」の連続やったなぁ。


「手放す」 「共依存」  「境界線」

「見離す?」「今日異存?」「教会船?」


日常生活での親和性がなかった単語が、

今では、至宝の言葉となり仲間との常用語となっている。


なかでも「境界線」は、依存症者との関係性だけでなく

兄弟、友人関係等、万人に有効なツールと成り得るかも。


例えばわたしの悪寒。

ちゃうちゃう、オカン。


真冬のチョモランマの北壁をビーチサンダルで

口笛を吹きながらやすやすと登頂してくる母は、

土足で私の領域に入ってきて何かと口うるさい。


依存症者の息子に関しも

元気にしてんのか?

今度いつかえてって来るんや

ちゃんとインシュリン打ってるんか


息子の回復を邪魔したくないので

彼とも緩やかな境界線を引いている私は


「知らんが!」


と、冷たく母へ返答を繰り返す。

で、そんな対応に自分自身を裁く結果に。

(おっ!「裁く」も業界用語か!?「砂漠」とちゃいますよ)


良い距離感を保つことは大切やと思うけど

まったくもって「境界線」というツールは、難しい。(涙)


精進せんとやなぁ。


精進からは程遠いクライマー(クレイマーかも)の母は、

境界線じゃないけれど、自己防衛本能バリ高のツワモノ。


少々耳が遠くなっている母は、

「そんなことしたらアカンや!」と注意されたときは、

耳に手をあて‥‥‥はぁ?」と見事なボケっぷり


そこらへんの政治家より役者が上。


「ホンマに何回言うたらわかるんやろなぁ

、こちらが呟くと

「一回言うたら判ってるわ!」と、過敏に反応。(笑)


お茶目にセルフケアできるオカンは流石です。

DNAを引き継いでいるなら私にも可能かも。


さてさて、今日は午後から家族相談会。

どんな出逢いに遭遇するのか


わたしの共依存の熱量が上がりだしている。

新しい仲間と出逢えますように祈るとしまひょ

(「祈り」もわれわれの常用語です。(微笑))


Pon & Cotsu

ブログランキングに参加しています。
下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします

by familiesofaddicts | 2022-07-17 09:09 | Pon & Cotsu | Comments(0)