人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タンポポの綿毛が風に乗って種子を運ぶように私たちの思いが​苦しんでいるあなたのもとへとどきますように。


by 関西薬物依存症家族の会

見守る

  178.png次回の家族相談会は2月19日(日)です178.png

先日、甥の結婚が決まったと連絡がありました。

あの子もそんな年齢になったのだなぁと。


親類の冠婚葬祭の話があると、気になるのが、依存症の息子の事。


その甥は、息子からするといとこになります。

親戚が少ないので、二人きりの結婚式でない限り、招待してくれるはず、、なんですが、、。

何もなければ、張り切って参加したいところです。

しかし、ねぇ、息子をどうするか?


こんな話は、私たちの中ではよく話題になる事で、皆さんそれぞれの状況によって判断しています。


うちの場合は、少年院にいたときなら悩む必要はありません。息子は参加しようにもできないのですから。

何か適当な説明をすればいいだけです。でも、今は入院中の身で、もうすぐ退院し、回復施設に入所の予定となると、、


回復施設のスタッフに相談してみるか、

はなから参加は見送り、何も本人に言わずに言い訳を考えるか、、


あれこれ考えていましたが、


そうだ!まだ入籍すると決めただけで、結婚式の事は決めてないって言ってたな、と思い出しました。

悩む必要のないタイミングで悩んでしまう、いつもの癖です。


それから、ついでに考えた事があります。


結婚式のテーブルの席の並びって、近い親類ほど、新郎新婦より遠い席になっているかと思います。それを思い浮かべていると、息子の人生にも、それくらいの距離がいいんだなぁと。


息子の生き方に対して、私が良い影響や教訓を与えて、息子の人生に「私の活躍」の軌跡を残したかったのだと思います。

だから、息子のことをなんでも把握したかったし、知りたかった。

それこそが母の愛情だと勘違いして、お互いをしんどい関係にしていたんじゃないかな?って。


振り返れば、私の人生だって、親の知らない人たちと出会い、その人たちとの関係性や出来事の中で様々な事を経験し、失敗を繰り返しながら成長してきたはずです。

息子と距離を置くことで、そういうことがよく理解できてきました。

甥の結婚の話しを聞き、結婚式のテーブルを思い浮かべながら、


息子のことは遠いところから、見守ろう。と改めて思いました。



すずめ




ブログランキングに参加しています。
下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします

by familiesofaddicts | 2023-01-17 09:16 | すずめ | Comments(0)