人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タンポポの綿毛が風に乗って種子を運ぶように私たちの思いが​苦しんでいるあなたのもとへとどきますように。


by 関西薬物依存症家族の会

わかっちゃいるけど

🏖️7月の家族相談会は16日です🏖️


「あら 今日は血糖値が高いですね お昼ご飯は何を召し上がりましたか?」

「カレーうどん定食です。やっぱり高い(血糖値)ですね  炭水化物の重ね食いは良くないってわかってるんですけどね…」


「HbA1cの数値が先月より随分上がっちゃいましたけどお心当たりありますか?」

「あぁ 今月は家族の誕生日が重なって外食も多かったしケーキもたくさん食べました 好きなんですよ甘いもの ダメなのはわかってるんですけどね」


これは 糖尿病外来で勤務している私と患者さんとの よくある会話です。

病気が進むと、白内障をはじめ動脈硬化やそれに伴う高血圧 心筋梗塞や脳梗塞 動脈血栓症でヘタすりゃ足の切断 腎障害が進むと人工透析は避けられない 糖尿病はそういう病気です。

ただ、身体に異変が起こるまでは無症状で痛くも痒くもないので、何故か同じ事を繰り返してしまいます。

でも、みんな本当はわかってるんでよね こういう事を繰り返していてはいけないということを。

依存症と似ています。


私達は患者さんの食べ過ぎを叱りつけたりしないし、食べ物を隠したり力づくで取り上げようともしません。

そして、私の愛情で食べる事をやめさせようともしないです。

それは効果的ではないとわかっているからです。


『わかっちゃいるけどやめられない』

これは依存症者を持つ家族も同じです。

薬物に問題のある彼(彼女)らが引き起こすあらゆる問題の尻拭いを何度も何度も繰り返していませんか?

それが本当は彼らの為にはならないと どこかでわかっていてもやめられない そういう経験はありませんか?

今度こそ何が起きても放っておこうと何度決心しても、目の前に問題が起こると、その問題を本人の代わりに解決していないでしょうか?

家の中で薬物やそれに関する物を見つけたら、取り上げたり隠したり力づくでやめさせようとしていませんか?

そして、それが家族の愛情だと思っていませんか?

その行為は病気を長引かせるだけで本当の意味で彼や彼女を助ける事ではありません。

依存症も糖尿病と同じ《進行性の慢性疾患》で、病気が長引き重症化すると、命に関わる病いです。

けれど、病気を正しく理解して対応を変えていく事で回復する事はできます。

ただ、残念ながら本人がそれを理解するにはとても時間がかかるのです。だから先ず、家族が先に『わかっちゃいるけどやめられない』をやめてみませんか?

私達と繋がってみて下さい

解決策はあります。



蛇足ですが、糖尿病にも《患者会》があり、同じ病気の人が定期的に集まって悩みや苦しみを分かち合う場所があります。

同じ経験をした者どうしが共感し合い、情報を交換する場所が病気の回復に役立つからなのです(⁠^⁠^⁠)


          Jasmine




ブログランキングに参加しています。

下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします



by familiesofaddicts | 2023-07-01 12:04 | jasmine | Comments(0)