人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タンポポの綿毛が風に乗って種子を運ぶように私たちの思いが​苦しんでいるあなたのもとへとどきますように。


by 関西薬物依存症家族の会

私は私

年老いた両親が年齢を考えて免許を返納し、移動手段が専ら徒歩かタクシーになりました。

歩ける今はそれでもいいかも知れないけれど、これから先はどうなるかわからない。

私が送り迎えができたら何かと便利なはず。そう思うようになりました。

 

でも私が車の免許を取ったのは30年近く前の学生時代。

その間にハンドルを握った回数は10回もありません。

運転自体に慣れていないまま時が過ぎてしまったので、主人を助手席に練習を試みても、アクセルを踏むのさえびくびくしてしまい、埒(らち)があきませんでした。

そうして悩んだ末にペーパードライバー講習に申し込むことにしました。

小さな車を買うことも決めました。

息子が家を出て少し経ったころでした。

 

そして講習1回めを迎える、ほんの数日前に息子の薬物使用を知りました。

車の運転なんてしている場合じゃないと思いました。

漠然とお金が必要になると考えて、車なんて買ってる場合じゃないとも思いました。

でも講習をやめることにも、車の購入をあきらめることにも、主人は大反対でした。

どうして息子の行動に私たちが影響を受けないといけないのだと。


それまでも息子に何か問題が起きると、私はひとり落ち込み、一緒に落ち込んでくれない主人を冷たい人だと思っていました。

そして息子の言動に一喜一憂するそんな私を見て、主人は呆れかえっていました。


結局、主人の剣幕に押される形で私は講習を受け続けました。

運転に集中している間は、息子のことを考えずにいられました。

今思えば、週にほんの数時間でも私はずいぶんその時間に救われていました。

それ以外はずっと息子のことを考えて落ち込むばかりでしたから。


同じころに自助グループに通い始め、自分の考え方がおかしいことに気が付き始めました。

私が車を運転することと、息子の薬物使用に何の関係があるというのでしょう。

勝手に息子の問題に巻き込まれてがんじがらめになるところでした。


このごろ、母は長距離を歩くのがつらいと言うようになり、私が病院や買い物に連れて行っています。

もしあのとき運転することをあきらめていたとしたら、きっと今頃後悔していたと思います。


ともすれば、今でもすぐ巻き込まれそうになるけれど、息子は息子、私は私。

そう自分に言い聞かせて日々を過ごしています。


nop


ブログランキングに参加しています。

下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします



by familiesofaddicts | 2023-08-22 13:03 | nop | Comments(0)