人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

関西薬物依存症家族の会のブログ ピンチがチャンス!

Happy Birthday


梅雨明けと共に娘の二十六回目の誕生日がやってきた。


「おめでとう」と伝えることがなくなって五回目の誕生日。

娘を手放して五年が経ったと言うことです。


当初、手放したとは言え誕生日におめでとうと伝えることぐらいはいいだろうと考えていました。

ある施設のスタッフの方からそれすらも必要ないとアドバイスをもらった時は正直ショックと言うかそれくらいもダメなのか~~って頭を抱えました。


この時の気持ちは鮮明で「手放す」と言うことの大変さを改めて思い知りました。


なぜあんなにショックだったのかと言うと

祝ってやりたい気持ちは親としてもちろんなのですが

行き先も告げずに引越した上に誕生日すらも祝ってくれない酷い母親だと娘に思われるのが恐かったのです。


娘を手放すことは良い親でありたい自分を手放していくことでした。


そもそも良い親かどうかなんて私が決めることではないことすらわかってなかったんですよね。(汗)



娘を手放したことの罪悪感を手放していく。。。  あらややこしい


間違った思い込みや恐れを手放していくのは本当に難しいことです。


冷静に第三者としてのアドバイスをくれる仲間がいなければとてもとても一人でできることではありません。

そして家族再生の日が必ず来ると信じさせてくれるのも仲間なのです。


yuzuriha.


# by familiesofaddicts | 2019-07-28 02:55 | Comments(0)

「私」が問題だった


長い間依存症という得体の知れない怪物と戦ってきました。

息子が薬物使用で捕まってから、どれくらいたったでしょうか?

まだ下の娘が小学生だったかなー

彼は高校を中退し、憧れの土地へ行き4年程の期間離れて暮らしていました。二進も三進もいかなくなって帰ってきた時には、すっかり薬物依存症者が出来上がっていました。


思えば子供の頃

愛情不足で育ててしまいました

(自分のことばかりでした)

叱ってばかりの毎日でした

(思い通りにならなかった)

今度こそ、私が管理して仕事さえ見つかれば、きっとうまくいくはず。それまでの借金をチャラにして

(私が)

綺麗なスタートを切ればまた普通(私が考える)

というレールに乗れるはず!

何度そうやって彼のレールを仕切り直してきたことしょう。


最悪の状態の中でも 

最高の選択を見つけなければ!

そして

その選択の方法を間違えないように!

必死になって模索し続けた 

長い長い旅


いやはや、

それは私の共依存という病からの

回復の旅だったんだと

「私」と言う囚われからの解放でもあったんだと


私が健康を取り戻さなければ

大切な誰をも助けられないんだと。


                 トネリ子




# by familiesofaddicts | 2019-07-27 07:47 | Comments(0)

暑い&熱い

「暑い&熱い」

日本で一番暑い?

と、ニュースで報じられるようになった地へ、

出張に行くことに‥。

片道、ドア・ツー・ドアで約5時間。

ミーティングの参加は昨週に続いて無理は承知。

しかし、打合せを強引に二時間で済ませられれば‥、

ミーティング後のフェロー(食事会)に合流可能やなぁ、と。

で、いつになく?

いつも以上に!?冗舌に誠心誠意???

お客様に説明をし、懐柔し、恫喝し?

(テープレーコーダー持ってへんやろな?とは、聞かずに‥)

ギリギリ二時間強で打ち合わせ終了。

地元の新幹線の駅から地下鉄に乗り換えると‥、

「‥‥‥!?」浴衣姿に遭遇。

なんなんやろ?盆踊りには、時期尚早やのになぁ。

そんな、浴衣姿は忘却の彼方へ。

目指すは、仲間がいるフェロー会場へ。

改札口から上り階段を二段飛ばしで駆け上がり‥、

いつもの店へ向かう道中で瞳に飛び込んできたのが、

ミーティングを終えてユルユルと歩み進める仲間達の姿。

まさに、安堵感満載。

仲間の姿を見た瞬間に、癒されるから不思議。

ほんの二時間程度の共有やったけど‥、

されどココロのビタミン満タンに。

ありがたい。

仲間の笑顔や言の葉が‥、

全身に染み渡るのをホンマに実感。

日本で一番、気温が暑い地から‥、

世界で一番、ココロが熱い仲間の元へ帰還。

仲間となら、大丈夫。

この夏も、人生も乗り越えられると‥、確信。

あっ、そうそう。

浴衣姿を散見したのは、

事務所に辿り着いて判明。

日本三大祭りの一つと云われる‥、

祭りやったんやと。

歴史的、文化的に著名な祭りより、

仲間との共存が、私の夜空を彩る打ち上げ花火やわぁ。

と、コンビニで買ったガリガリ君のソーダ味を楽しみながら得心。

追記。

実は、ホームのミーテイングには、

物理的に参加できないのが判っていたので‥、

前日に他の自助グループのミーティングに参加して心の平安をゲット。

いつも、いつまでも、いろいろな自助グループが、

開かれていることに、改めて感謝です。


T & J


# by familiesofaddicts | 2019-07-26 10:14 | Comments(0)

雨の日に

雨の日が続くと出かけるタイミングを見計らってしまいます。

昨日も家に閉じこもっていたからと「お散歩しょっか?」の声に浮足立つワンコ

外に出ると小雨が降っていて…

今更行けないとも言えない…傘をさしながらでもいいかと、思いきって出かけました。


近所の公園には、親子連れが遊んでいて…

雨足が強くなるにつれ帰っていきます。


トボトボと歩いていくとベンチの上にワンコが飛び乗って、その上で遊びだしました。

ベンチの上が濡れていないので雨が止んだのかなと思いました。

見上げると、とても大きな木の下です。

なるほど…生い茂った葉っぱが雨粒をよけてくれています。


辺りを見渡すと一組の親子連れが虫かごと網を持ってやってきました。

こんな雨の中で昆虫採集?と思いました。

それにしてもこの雨の中、濡れるのを承知でやって来たお母さんに感心。

傘を持たずにいっしょに遊ぶなんて潔い~雨にも負けずって()


その後、私達は屋根のあるベンチに移動しました。

まだ、さっきの親子はいます…

ふと目をやると、なんと彼らは私達が雨宿りしていた三倍程の高さの木の下で遊んでいます。

…あそこなら雨に濡れない…いい考えだわ…

辺りをぐるっと見渡すと、それは公園の中で最も大きな木のようです。

いつも木陰をつくってくれたり、今日のように雨をよけてくれたりするのだけど…

そんな恩恵に気づきません。

木を見上げて思いました。

茂った葉っぱ達が雨粒をよけてくれてる…


まるで様々な支援者の方々が、依存症者やその家族を支え守ってくれているのと同じ…

社会の中で依存症への理解を促すために、時には異を唱え孤軍奮闘してくれています。


私達依存症の家族は、世間体を気にして社会の中で苦しい思いをしてきました。

今でも肩身が狭く苦しんでいる仲間がいることを常々みています。


雨粒のかからない大きな木の下で、時々がっかりするような偏見に不安を抱いていました。

だけど取り合えずこの場所にいれば安全かもしれない、このままでいいと…

そして社会の依存症への理解は為されないのが当たり前、分かるはずがないと諦めてもいたのです。


だけど木の下にいて守られるばかりでなく、枝に生い茂る葉っぱのように

現在も苦しんでいる、まだ見ぬ仲間に降り注ぐ冷たい雨粒が減ってくれればいいなと

社会的な偏見に捉われずに、依存症からの回復にのみ励めたらどんなにいいか

メディアからうける先入観が、当事者の回復の妨げになるのは残念なこと

苦しい人々への支援こそが優先されてほしいのです。


ある支援者の方が書いておられた記事に

「現場にやってくる構造的な支援からこぼれ落ちた最悪の人達を、最底辺のピアサポーター達が相手をする。その人たちが良くなると、もっと最悪な人たちのサポートが可能になる。」(抜粋)


胸打たれますね。


こうして失敗した経験を繋いできた仲間たちが、根をはり幹を伸ばし枝葉をつけてきたのだと

失敗を歓迎し自分たちのありのままを認め合える世界って、そんなにないと思います。


そんなことを考えながら、ワンコと穏やかな時間を過ごしました。

        Luna


# by familiesofaddicts | 2019-07-25 15:59 | Comments(0)

今日の出来事

雨が続いたので三日ぶりの畑へ、
様々な夏野菜が思った以上に生長していました。
なかでもキュウリは20本ほど収穫したので、
”キュウリのきゅうちゃん”でも作ろうかと思っています111.png

畑に行くと時間が経つのも忘れて夢中になるので、
午前中だとはいえ炎天下の中疲れました~~~。

隣で作業をしている方には、
「熱中症、気をつけて下さいね~。」と声をかけるのに、
自分はどれほど気をつけていたことか・・・?
いつもの悪い癖、
自分のことをしっかりしましょう!

午後は車で往復2時間近くかかる歯科へ、
随分以前からかかりつけなので気安くて安心、
なにより治療を長く引っ張らないのがいいのです。

受付で対応する奥さんの「近くに通えば~」という、
その優しさのトーンが好きなのです。
医療をする者と受ける者、
一番大切なのは信頼関係なのでしょう!

夕食後夫は自身の自助グループへ、
送り出した後ゆっくりできると思いきや、
洗濯が残っていました~~~149.png

今日一日、
忙しかったけど充実していた一日でした。
やっとブログも書くことができました。

*sheep*

# by familiesofaddicts | 2019-07-24 22:36 | Comments(0)