人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タンポポの綿毛が風に乗って種子を運ぶように私たちの思いが​苦しんでいるあなたのもとへとどきますように。


by 関西薬物依存症家族の会

お願いいたします。

世間のみなさまに、依存症の話をするのはとても難しい。
ましてや医療従事者でもなく、専門家でもない当事者家族である私たち家族が。

我が子可愛さのあまり擁護していると見えないか、あたかも自分が被害者であるかのように見えないか。親のせいだろ!と言われないか。
いろいろなことを考え、恐れ、逡巡してしまいます。

そもそも最初に違法な薬物に手を出したのがダメ。
依存症になる可能性があることをわかっていて薬を使ったのだから、制裁を受けるのは当然。
普通の人は違法な薬物になんか手を出さない。
苦しくても、孤独でも頑張って生きている人はいっぱいいる、それで薬物を使うのはおかしい。
自ら手を出しておいて、病気だから治療すればいいなんて都合がよすぎる。
暴力団の資金源になっているのに、薬物事犯に甘すぎる。
何度チャンスを与えても、裏切り続ける。

このような意見を目にして、どう私たち家族の思いを伝えたらいいかわからず、動けなくなってしまうのです。
私の家族の一人が薬物依存症になるまでは、私も多くの人と同じように非難する側でした。
なんで違法だとわかってて薬に手を出すんだ!
やめると反省してたのに、なんで繰り返すの?
いったい親は何をしていたんだ!
と、違法薬物を使用する人を恐れ、蔑んでいたといっても過言ではありません。
そしてそれは巨大なブーメランとなって、自分の手元に返ってきました。

私たち家族は、なんとか家族の愛の力で薬物をやめさせようと長年頑張ってきました。
怖くて、恥ずかしくて、誰にも相談できずに、家族だけでなんとか薬をやめさせようとしました。
相談できずにいた間に、どんどん薬物依存の症状は悪化していき、いよいよ家族ではどうすることもできなくなり、やっとのこと治療・支援にたどり着きました。
そして薬物依存症は病気なので治療が必要、家族の力ではどうすることもできないとわかったのです。
私たちのやってきたことはなんだったのだ?どうしてもっと早くに助けを求めたり、相談しなかったんだろう?と後悔もしましたが、世間の批判が恐ろしく、職や住居を追われるのではないか、相談したら警察に通報されるのではないか、という恐れがありました。
病気だという認識もなく、治療し、プログラムを受けて回復可能だということも知りませんでした。
知識、情報がないことで間違った方法で依存症と闘い続けてしまいました。
だからこそ、その知識や情報を速やかに今苦しんでいる当事者やその家族に届けたいと思っています。
病気だからと罪を逃れようとしているのではなく、罰しないでほしいとお願いしているのではありません。
治療に繋げ、回復、社会復帰のチャンスを与えてくださるようお願いするまでです。

やり直すこと、社会復帰を拒まれたままでは、違法薬物を使用し罰を受けた本人はその後生きていくことができません。
親や家族が経済的に面倒をみることにも限りがあります。
親が年老いてこの世を去ったあと、彼らは生活保護で生きていくことしかできなくなります。
そうなってしまったら、自分勝手に違法薬物に手を出し、税金で生き延びるとは許せない、という批判もでてくることでしょう。

都合のいいことを言うな、というご批判もあることは承知しています。
けれども、彼らが自立して生活できるようになるためには、仕事をし税金を納めいち社会人として生きていけるようになるためには、治療・回復が必要であることご理解いただき、社会復帰のチャンスを与えてくださるよう心からお願いいたします。
社会復帰し、自立してこそ、迷惑をかけた方々に当事者自らが、本当の意味での責任をとることができると考えます。

著名人の逮捕が続き、上記のような私的制裁の声を耳にすると、今現在苦しんでいる当事者、そしてその家族は怖くて、ますます助けを求めたり、相談することができなくなり、その間に逮捕され治療・回復に繋がるチャンスを逃す恐れがあります。そうすることで、ますます薬を止めることが難しくなります。
バッシング報道、過剰な私的制裁で追い詰められている当事者、その家族がいます。
違法な薬物を使用してしまった人ではありますが、私たちの愛する家族の一人です。
彼らの回復を願って、みなさまにお願いいたします。
      
   *NINA*



# by familiesofaddicts | 2019-11-19 13:38 | Comments(0)

誕生日おめでとう。

誕生日おめでとう。
11月18日は
依存症次男の27歳の誕生日
よく笑って、よく泣いて、買い物行くと迷子になって声を出さずに私を必死に探す息子。
海に旅行に行った時もまた迷子になって彼を必死になって探した私。

愛おしい。その想いが『薬物依存』という病が音を立てて崩れていった。

息子を助けたくて必死になればなるほど彼はどこかに行って問題を起こし続けた。

そして自助グループに繋がりたくさんのことを教えてもらった〜

依存症という病気は家族を巻き込んでいくので、家族から回復していきませんか?
彼の人生を彼に返してあげましょう!
その時彼はまだ未成年〜
親の責任において私には出来ないという固い頭がある。

自助グループの安心した場所に通い続けると
「勇気」「やってみても…」と変化していく。
仲間の後押しで、彼と距離をおくことが出来たのが
3年半前。
家を出て半年たった誕生日は連絡を取らず。
次の年は「誕生日おめでとう」と〜
その次の年は「私の彼への埋め合わせ」ができた。
そして一年前の誕生日。
「大切。愛してる〜」
と伝えることができた!
そして今日私は彼に何を伝えたいのかな〜

やっぱり〜  同じ…
「誕生日おめでとう。愛してるよ。」

今彼は一人で暮しています。
私が自助グループに助けてもらった様に
彼にも仲間と出会える機会があると信じています
IKO

# by familiesofaddicts | 2019-11-18 09:44 | Comments(0)

心の変化

うちの依存症者は、次男です。

今日26才、明日の18日には27才になります。
彼は、中2の時に年少さんからやっていた少年野球をやめてから薬物に手を染めていきました。
今から、13年半ほど前になります。

僕は、17年ほど前からうつ病になってしまいました。「いわゆるワーカホリックです。」

だから、息子のことは断片的にしか覚えておりません。

大好きだった野球を辞めることになった事は
覚えているが、
彼の辛かったはずの頃の「心の叫び声」に気付く事ができませんでした。

そしていつしか、息子の部屋の2階が、
野球を辞めた仲間達のたまり場になっていました。

遊びに来る彼の仲間は、2階に上がるときには必ず
「お邪魔します!」と言って息子の部屋に
行っていたので、あまり気にしていなかったです。

しかし、今思えば野球をやっている子供は、
挨拶を躾けられていますし、僕もコーチで練習に行っていたので、普通に出来ていたんですよね。

僕が知らない息子の友達ばかりだったら、
たまり場にさせていなかったかも?
いや、同じ結果だったかも!

息子の様子がおかしくなり、
息子がいない時に部屋に入り、
なにか出てこないか探偵のように探しまくり、
薬の空き袋を見つけると「あ~あ!やっぱり」
という気持ちになりました。

「やばい!今のうちに何とかしなければ!」
と市役所や保健センターなどに相談に行ったり、
薬物依存の勉強会や家族会に行きました。

「今のうちに!今のうちに!、やばいやつに手を出さないうちに!今すぐ何とかしなければ!」

しかし非情にも家族会で、
「お父さん、これから薬物を楽しもうとしていますから、これからですよ!」

「この人何言っているんだ(怒)、今すぐ直して今すぐ俺が立ち直すんだ!」
「くそ―!この人駄目だ!」と思っていたが・・・

どんどん息子が崩れて行き、
ヤバイやつに手を染めていくには、 
そんなに時間は掛からなかった。

その時には、まだ私は自助グループに繋がっていなく、家族会や勉強会に行って
「大好きな可愛い息子、今すぐ何とかしたい、息子は俺の犠牲者だ!」
という気持ちで、いっぱいでした。

しかし、息子を憎み・無視し・心から死んでくれ!
と思ってしまう程、自分の心が
病んでいくとは、思ってもいなかった。

GENGEN


# by familiesofaddicts | 2019-11-16 22:44 | Comments(0)
   【ひとつの勇気】


ミーティングに参加して 数回目の事

いつも笑顔で 僕に微笑んでくれる

女性がいる

ひと目見て 穏やかな人柄が

とって見える

自分の話しは いつも手短で

いつも 仲間の話しを じっくりと

聴いている 優しい目が 印象的な方だ

その方と ある日 ミーティング後のフェローで

ゆっくりと 話す機会が合った

その時 僕は 過去に経験した

苦しんだ時期の事を 初めて知った

穏やかな笑顔からは 想像も出来ない

数年間 一人で

ひたすら依存症の家族の為に

尽くし 耐え忍んで来た事を

いま こうして

僕に 話しをしてくれている

過去を振り返り 時折 笑顔で

話してくれていたが 笑顔の隙間から

抑えきれずに 涙が溢れ出した

ごめんなさいねと

何度も 涙を拭きながら

沢山の涙が 溢れ

その優しい目から 溢れ出し

目尻から 流れ落ちた

長年苦労されて来られた事が

表情すべてから 滲み出て

僕は 胸が詰まる思いがした

でも 今は とても元気と

笑顔に戻って 言った

自助グループの繋がり

仲間とステップの教えに出逢えたから

本当に良かったわ と・・

僕は お話し頂いて

ありがとう ございました と言って

本当に 感謝した

すると 優しい目で ニッコリした笑顔で

答えてくれた

僕は また ひとつ 勇気を貰った

冷え切っている

僕の心を 暖めてくれた

この夜も また

一人では無く 繋がりを感じる

夜と なっていった・・・・

やぶれた タカのつばさ



# by familiesofaddicts | 2019-11-15 19:20 | Comments(0)

変わるためのプロセス

私達が住んでいる現代社会は

何でも手早く解決をもとめる傾向がある

物事が人間の思うように動かせると

期待もしている


人と連絡を取り合うことも

情報収集も即座にできる社会だ

医療もすぐさま処置したり短期の治療も

可能な場合が多い

抗生物質やウイルス疾患などの薬も

即効性が期待できる


だけど薬物依存症への特効薬はないのが現実

治療に繋がらないで使用を続けると進行する病だ

そう聞くと…気の遠くなる思いが私にもあった

散々関わり続けて疲れきっていたから…

どうすれば即時に治すことができるかを

教わりたかった


しかし例外なくこの病気からの回復は

ゆっくりとしたプロセスで

長い時間を要する

依存症の娘の健全な状態を望む私には

この苦痛がとめどなく続くかのように感じられた

だけど救いはあった


同じような経験をもつ無名の家族の集まりである

自助グループに参加したこと

なぜ依存症を抱える家族たちが自分自身のケアを

しなければならないのかを知った

依存症者と同じように傷ついた家族の回復も

今日一日 という

ゆっくりとしたプロセスだ


依存症者もその家族も変われるのだ

回復の責任を自分に課して生きてゆく

成長の痛みの伴う難しい時期を

経てきているわけだ

そのプロセスに失敗はつきもの


未だにTVのコメンテーターの中には

無知に頼った持論を

険しい面持ちで喝破する方々がいる…

心無い誹謗中傷で

回復途上の人を貶めることは

許されるものではないだろう

不愉快極まりない


仲間と呼んでいる人達は

同じような辛い経験をしただけではない

健全で成熟した精神や

生活を取り戻すための

賢さをを分かち合ってくれる人達だ


大切なわが子の不適切な薬物使用により

苦悩と破壊を身に受けた家族

元気を取り戻した私達がいることを

伝えていきたい

   Luna


# by familiesofaddicts | 2019-11-14 13:20 | Comments(0)