人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タンポポの綿毛が風に乗って種子を運ぶように私たちの思いが​苦しんでいるあなたのもとへとどきますように。


by 関西薬物依存症家族の会

仲間と理解者

先日、一回り下の友人と話す機会があった。
彼は若いのに飲食店2店のオーナーで、人徳もある。
けど、2人でじっくり話すのは初めてで、その人柄に癒され、次男の事を話した。

少し考えて、簡単に言うつもりはないですけど、と前置きして
「僕、思うんですけど、、それって悪いことではないし、きっと彼は薬物に簡単に
手を出したとは思えないです。僕にも若い時は、近い経験もあります。
そして、やり直しなんて、誰にでも、何回でもできます。
僕のとこで働いてくれてもいいですし。大丈夫ですよ。」
と、笑った。

世間は薬物依存については、厳しい意見が多い。昨日もあるTV番組MCの人が、
ある俳優について、「もう仕事を始めるなんて、早すぎませんか?」と非難していた。

だけど、友人のような人も少なくないと思う。
私は仲間に繋がったし、そうやって話せるようにもなった。
今、苦しんでる本人や家族に、繋がる場所があることを知って欲しいと、切に思った。

sakura

# by familiesofaddicts | 2019-09-02 13:43 | Comments(0)

野良猫に思う


ミーティング会場になっている教会でよく会う野良猫がいる。

近すぎず遠すぎずの距離で見つめて来る。

かわいい猫です。


野良猫ってつくづくエライな~と思います。

生まれてこのかた一匹で生きてきているわけです。

飼われていて途中で不幸にも捨てられた子もいるでしょうがどちらにせよ今生きていると言うことは凄いことだと思うのです。


街は車も多いし危険がいっぱい、その日のエサにありつける日もあればない日もあるでしょう。

暑さ寒さ、ゲリラ豪雨にも耐えて。

優しい人の情けに助けられることもあれば意地悪な目に合うこともあるでしょう。


しゃべれない猫でも立派に生きているのに人間である子供のことを我々はあれやこれやと心配し過ぎているのではないのかな。

あれやこれやと世話を焼き過ぎているのではないのかな。


生き物に学ぶことは多いです。


yuzuriha.

# by familiesofaddicts | 2019-09-01 02:24 | Comments(0)

4%の宇宙

♫ 世界は一つじゃない
ああそのまま ばらばらのまま
世界は一つになれない
そのまま どこかにいこう

気が合うと 見せかけて
重なり合っているだけ
本物はあなた わたしは偽物
星野源 「ばらばら」から

ブレイクするずっと前 結構好きでよく聞いていた。
何気に歌っていて、世界は一つじゃないんだー
バラバラなんだー
って歌いながら、何だかピンとこなかった。
その頃、私は夫との共依存にノタウチマワッていた。
その頃の日記を見つけてしまった。

2010.2.8
夜、友人に誘われて 飲み会が「大吉」であった。
夫と2人飲み会に出かけるのって、子供ができてから初めてかもしれない。
私としては嬉しいけれど、夫の前では素直になれなくて
つい減らず口を叩いてしまう。
今日もヤバイかな?
友人は私たちが学生の頃の音楽を、ひたすら愛しているので
久々 私も熱く語ってしまった。
ビールの後のワインも美味しく
焼き鳥食べながら、調子に乗って何杯も飲んでしまい
あ〜 何だかんだふわふわしてきた〜
と思っているうちに、完全にヤバイ状態になってきたー
みんなが喋っている話が、もう私とは関係ないところで
わちゃわちゃしてきて
うわー 気持ち悪〜い (ゲボッー)
ダメだこりゃ ダウン!
お開きになって、夫と友人に抱えられ
タクシーで我が家へ
でも、タクシー降りる時に
また ゲボッゲボッッ
おー 手には誰が持たせてくれたのか、ナイロン袋がー
ありがとう〜
吐きながら降りる時、Gパンのポケットに入れてた携帯が
ポロリン 落ちてしまった
「お父さん 携帯落ちた・・・」
と、吐きながら わずかに残っていた冷静が言った。
のに・・・
夫は拾ってはくれなかった。
その携帯は、また運悪くタイヤの真ん前におちていて
タクシーが出るや否や バリバリーっとやられてしまったのであります。
そして、私のヤバイ感情が、またまた反乱を起こしてしまいました。
もー ぐでんぐてんになりながら
夫の入ってるお風呂に、服も脱がずに乱入して
ザッブーーン!
「なに してんねん 服脱ぎや〜」と脱がして欲しかった。
別に 何も期待してしていない
ちょっと やさしい言葉をかけて欲しかっただけ・・・
だけどそこには軽蔑の眼差しがあっただけ
あたり前と言えば、あたり前なんだけど
・・・時は、幻をも食い尽くしてしまった・・・
その取り返しのつかない時間の逆襲を、私は負のエネルギーのナイフに変えて、夫に歯向かっていってしまった。

お酒の力を借りて、いつもより強く。

そして、歯向いながら

夫への私の恨みはまたまた深いものがあると実感させられてしまった。

もっと真剣に夫へのステップ4からのステップ9をしなければ

私は解放されない。

周りの不幸も・・・

誘ってもらったのは 大吉 だったのに

私の、今日一日は 大凶 でありました。

そして、あんなに罵ったのに

朝起きたら

何もなかったようにコーヒーを入れてくれる夫がいる。

      わからん・・・


     ーーーーーーーーーーーーーーーー

我ながら恐ろしい!

欲しい、欲しい

こっちを見て欲しい、もっと大切にして欲しい

狂った果実は、自分がおかしいことに気がつかない。

そうして欲しいなら

私がそれをすればいいのにと…

自分中心の世界が、幻(偽物)だったと気づけた今は

♫世界は一つじゃない

    あーそのままバラバラのまま  ♪

が、うなずける。


私たちが今までみたつもりになっていた宇宙は、4%の宇宙でしかなかったらしい。

大切なものは目に見えないんだよ

と言う、星の王子さまの言葉

私たちは何ほども知らないという事が確かなことのようだ。

                              

                      トネリ子

          


# by familiesofaddicts | 2019-08-31 12:22 | Comments(0)

まずは動いて

雨と共に夏が終わる

煙ったような空

にわか雨の予感

約束の時間が過ぎた

早朝まで仕事していたらしい

仕方ない…


身支度もとっくに完了

少し時間が気になるけれど

バタバタしても疲れるからなぁ…

帰宅後の用事を前倒し


時折無性にモノを整理したくなる

拭き掃除に傾倒中

アイテムを新調して

気持ちを上げる


見て見ぬふりをしていた処

埃や油汚れを放置しているのだ…

スッキリを経験すると

やり続けたくなる


頻繁にやればいいものを…と思う

やるまでが億劫

やってしまえば何てことない


考えすぎて動けないことが常だ

たぶん大変そうと…


まず動く


依存症の娘を治したいと思って

自助グループに行った

私が変わるのだと教えてもらい

回復のプログラムをやり始めた


頭の中の娘への妄想を絶つために…

仲間の中でたどたどしく話す

自分の感情が溢れることも


全ては行いで始まった

独りで考えていては何も変わらない

動いて感じたり

やってみての失敗すら経験だ


仲間の経験に助けられた

私の覚悟は仲間の勇気の賜物だ

隠れた力を呼び覚まし

埋もれた愛に気づかせくれた


娘の選択を好んだり生き方を気にいる必要はない

ただ受け入れること


今日を喜びで満たそう


朝のちょこっと掃除が楽しい

気持ちがいいを増やしていこう

    Luna


# by familiesofaddicts | 2019-08-29 20:20 | Comments(0)

思い違い

依存症の原因は自分にあったのだろうかと、
自分自身を非難しているうちに、
いつの間にか相手を裁くようになっていったようだ。

この罪悪感という存在で、
相手を支配しようとしていたのかもしれない。

一歩踏み出すことを拒んでいたのは、
自分の罪悪感であったのだろうか?
これを手放さなければ前には進めない。

自助グループの中で、
依存症という病気を知ったのだから、
前に歩みを進めよう。

非難することはなんの解決にもならないし、
それは真実を隠すだけだから、
もう~そのことを受け入れない

否定から始まるのではなく、
まずは依存症という病気を理解して、
存在しているその人を認めることにしよう。

今ある全てを受け入れて、
社会の一員として生活している自分も、
認めることにしよう。

人を非難するより、
自分を大切にするよう努めよう。

*sheep*

# by familiesofaddicts | 2019-08-28 18:47 | Comments(0)