人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タンポポの綿毛が風に乗って種子を運ぶように私たちの思いが​苦しんでいるあなたのもとへとどきますように。


by 関西薬物依存症家族の会

みて見ぬふり

洗濯を干しにベランダに出たら

足元に粒のようなモノが…

そういえば随分前から散乱していた…

どこからか飛んできた蕾かと

あまり気にしていなかった。


ムムム…こりゃ変だ

洗濯を干すのは後回し


ジィーっと傍のオリーブの枝をみたら

何と青虫が…でかい、でかすぎ!

初めてみるツワモノ

奴らの仕業だった

同化するスゴ技にやられた

悔しい


声をあげそうだったが

素早く手が動いた

無心でとりはらう

中々手ごわい…


もっと早く気づいていれば

こんなに葉っぱを落とすこともなかった…

私の機転の無さ…呑気すぎる…


状況が悪化しているはずなのに

観察もせずに

夏の暑さのせい

水やりが足りてないから

きっと涼しくなれば元気になると

気候の変化に期待していた。


深刻ではないにしろ、この感覚…


娘が依存症だと認められず

私がついているから

何とかなるという思い

根拠のない期待と

非現実的な考えを頼りに

何も変わらない状況を黙認した。


依存症の症状が娘に現れていたのに

私のもてる知識は

今にも破れて飛んでいきそうな

一枚の紙きれ同然だった。


依存症という病を知りはじめ

対応策を実践する

時には

怖さや罪悪感に押し流された

まとわりつく感情に振り回されていたのは

私の虚ろさだった。


同じような経験をした人たちの支えが

膨らみ過ぎた妄想を

現実の大きさにしてくれた

遠くで聞こえた声も

近くで響くようになった。


よろよろとだけど後ずさりもしたけれど

私がみている世界は
ちゃんと見れば自分次第で

色を塗り替えられそうだと感じる。

   Luna


# by familiesofaddicts | 2019-10-10 14:09 | Comments(0)

得られたものは大きい

わたしは依存症者と同じぐらい、
いや、それ以上苦しんだかもしれない。

「あなたの問題はわたしの問題」だったのだから、
問題を解決しようと、
いつも振りまわされるのは私だった。

依存症という問題のなかで、
次第に恨みや恐れは膨れあがり、
相手だけではなく自分をも傷つけていたようだ。

たくさんなものを失ったような気がするのだが、
不思議にも、
今はそれ以上のものを得たような気がする。

仲間のなかで、
確かに真実の愛が見えてきた。

自分と相手の境界を、
はっきりさせることができているのは、
回復を歩いているからだろう。

自分自身を様々なとらわれから解放し、
かけがえのない時間を大切にしたい。

*sheep*

# by familiesofaddicts | 2019-10-09 22:00 | Comments(0)

週末の夜のこと。

先週末にある写真家の写真展&トークショーに行った。
大好きな作家の本の表紙の写真に心惹かれ、だれが撮っているのだろ、と興味を持ったことで彼を知った。
その大好きな作家と彼のトークショーが我が家のすぐそばであるのだから、これは行くしかない!

自分のやりたいことのために、撮りたいもののために生きている。
けれど、お金なんて関係ない、みたいなキレイごとは言わない。
彼の写真、生きざま、言葉に圧倒された。
そんな彼を応援できる大人でありたいと思った。

ちょっと待って、自分の息子だったら、同じこと言える?
もう一人の私の声が聞こえた。
彼は、私の息子とほぼ同じ年齢なのだ。
ぐぅ、と言葉を飲み込んだ。
きっと反対はしない。応援もする。けれど、その危うさにやきもきし続けるだろう。
自分のやりたいように、生きたらいいんやで。と、言った先から、けど、これだけは気をつけてね、なんて言うに違いない。

息子をひとりの人として見ることは、なかなか難しい。
ひとりの人として尊重することがずっとできないでいた。
それは、依存症だから、ではない。
私の子ども。
ずいぶん長い間、無意識のうちに息子は私に属する人だと思っていた。
そして、今も時々そう思ってしまうことがある。

写真家の彼を応援するように、シンプルに応援してるよ、と言えるようになりたい。
心配したり、不安になったりしても、それは私の感情に過ぎない。
それを解消するのは、息子ではない。

やっぱり、行ってよかった。写真を見てよかった、話を聞いてよかった。
新しい人と会い、話を聞いたり、話をしたりすることで、私の狭い世界は少し広がる。
私は私、息子は息子、ひとりの人としてお互いを尊重して生きていきたい。
ほんとはもっと前にそうできたらよかったんだけど。
許せ、息子よ。
でも、今からでも遅くないよね。

また少し世界が広がった週末の夜。

  *NINA*




# by familiesofaddicts | 2019-10-08 11:21 | Comments(0)

なんか上手くいかないなぁ〜

私の好きな言葉の一つ。


先週は仕事に、家庭でも

『なんか上手くいかないなぁ〜』

って何度呟いたのかなぁ。

一つの催しをするのに、まとまりがなくて、家でも不安が横切って!


昔はずっとこのざわざわがつきもので、何かが起きる!勝手な予感に撃沈したものです。


先日からのラグビーが私にエネルギーをくれた。

一つのボールを15人の仲間で

ゴールに向かっていく!

進んでもまた戻され、ペナルティがあったり失敗したり!

失敗しても、またそこから学べるものが必ずある!彼らは前進している!

なんで失敗はない!


『なんか上手くいかないなぁ〜』

も前に進むって事!なんだと感じたら、すごくこの言葉に助けられているようです。

私が!


そしてこの言葉が出た時は

自助グループに行って上手くいかない事を聞いてもらおうかな?!

そこには色々な経験をした

仲間がいる!

やすらぎ!溢れる愛!

きっと前に進める!


IKO


# by familiesofaddicts | 2019-10-07 12:54 | Comments(0)

仲間の変化

辛い経験は人を強くするように思う。
人からどう見られるのか、気にばっかりしてた自分。
世間体という得体の知れないものから、肩身が狭くなっていた自分。
世間体ってなんだって言うのか。
世間様は何も助けてくれない。

自助グループへ通い続け、自分が生きやすくなった。
自分の考えを変えていく事を教えてもらった。

自分の変化は自分では分かりにくいけれど、仲間の変化を見ることが、感じる事が出来る。自助グループの力を感じる。
強さを感じる事が出来る。

依存症って言う病気がある特別な病気でもなく、誰にでもなりうる病気。そこに家族がまき込まれていく。
そうして、家族の方も病んでいくんです。
どうか、依存症者も家族も回復出来る自助グループがあります。
自分が楽になる場所、一度 覗いてみてください。
merry☆



# by familiesofaddicts | 2019-10-05 00:01 | Comments(0)