人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タンポポの綿毛が風に乗って種子を運ぶように私たちの思いが​苦しんでいるあなたのもとへとどきますように。


by 関西薬物依存症家族の会

手放すということ

家族相談会に参加ご希望の方は、ご予約(メール又は電話)をお願い致します。

🌸次回の家族相談会は4月21日(日)です。🌸


子供が薬物で狂っていた頃は、幻覚、幻聴でギラギラした目をしながら、おかしな行動ばかりを繰り返していました。

眠らない。出て行けば何日も帰って来ない。

パトカーのサイレンが鳴るたび、電話が鳴るたび、テレビで近辺のニュースが放送されるたびに

我が子ではないかと心がザワついていました。

それは言葉で言い表せないほど心配する反面、時には腹立たしく、鬱陶しくて「死んだらええねん」とすら思ってしまう自分がいました。

仲間の皆さんと出会った頃「愛ある手放し」のお話しを良く耳にしました。

当初、私には理解不能でした。

手放すって?何?

突き放すこと…?

見捨てること…?

自分の子供にそんなことを出来るのだろうか…

イヤ絶対無理でしょ!

親なのですから子供には回復へのレールを敷いてやらなければ!

それが親としての責任!っと思いながらも… 憎しみと愛情の心が行ったり来たりの繰り返し。

どうして、薬物なんかに手をだすかなぁ腹が立つ!それが素直な気持ちです。

でもね、仲間といると、こんな私でも物事の捉え方が少しずつ変化していくのです。

子供が薬物に手を出しはじめて67年が過ぎ、国の施設にも3度お世話になりました。

長年、言い表せない程の苦しみや憎しみや、時には喜びを経験しました。

子供が3度目の国の施設から出る頃、一通の手紙が届きました。

私への恨みも、感謝も書かれてあり、最後に久しぶりにお父さんと水入らずで話がしたい。

出所の時に迎えに来て欲しい。と…

私的には迎えに行ってやりたい

仲間に相談しながら2週間悩んで手紙の書き、返事を出したのが出所直前となり一方通行の手紙となりました。

内容は「迎えには行きません」

「これから先は自分の責任で生きて行って下さい」

「お父さんとお母さんは心を許せる、そして救ってくれる仲間がいます」

「貴方も貴方を救ってくれる仲間と出会える日を心から願っています」

「回復への支援だったらします」

そんな内容と施設の名刺を1枚添えて出しました。

手紙を受け取った息子はどんな心境でいるだろう…

憎しみで一杯な思いになっているのではないだろうか。

出所後、私を刺しに来るかも知れない…

ザワザワしながらも、あれから何事もなく1年が過ぎました。

私は今、どうして子供をもっと信じてやれなかったのかと情けない父親だったと心から反省しています。

現在、子供は何をしているのか知りません。連絡も来ません。

子供は自分なりに苦しみの中で理解している。

自分で生きるすべを知っている。

あの時、子供を迎えに行っていたらどうなっていただろう。

親身になってくれた仲間に心から感謝です。

「手放すということ」それは、大切な距離感。

自分自身を大丈夫と信じること。

そして、依存症者を何があっても信じる事!


Get up



ブログランキングに参加しています。

下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします




# by familiesofaddicts | 2024-03-20 07:29 | Get up | Comments(0)

笑いの力

家族相談会に参加ご希望の方は、ご予約(メール又は電話)をお願い致します。

🌸次回の家族相談会は4月21日(日)です。🌸



私は昔から笑うことが大好きでした。

お笑い大好き。

面白い人だいすきでした。


そんな私ですが、今までに2回ほど笑えなくなりました。


1回目は、産後うつになってしまった時、

心療内科の診察で、泣くしかできない私に「毎日ガスはでますか?」と笑顔の先生に、「はい」と真面目に答え、大量の漢方薬をもらい帰ってきました。


思えばあの頃から、私の病気は悪化していってたのかもしれません。


2回目は、4年前に息子が自殺未遂で病院に入院した時、明日退院してくるという日に私は、回復施設に電話をしました。

施設長が繋げてくれた家族会代表、、、自分の経験を笑いながら語ってくれました。当時の私にはあまりに衝撃的な内容すぎて、笑ってはいけないと思い、「そんなに笑わないでください」と言ってしまったのを覚えています。

翌日の施設長の話もとても笑える内容ではないにも関わらず、ガハハ ガハハとよく笑う施設長だなぁと思っていました。


後で仲間から、施設長は仲間の悲惨な状況も笑い飛ばしてくれるんやで、笑いに変えてくれるんよ。と聞き、なるほどなぁと思いました。


家族会に通うも、2年ほどは、泣いてばかりでしたが、ようやく笑えるようになってきました。バラエティーを見てバカ笑いし、過去の辛かった思い出も仲間に話すと笑いに変えてくれます。

何より週に一度のミーティングに癒され元気を貰っています。


どんなに高価な漢方薬よりも、仲間と一緒に過ごす時間が私にとってはよく効く薬なんだなぁ、、、笑いの力ってすごいなぁ、、、と感じる今日この頃です。


そして先日夢で、2つ上の姉が私に、「次男に会ったよー!浜村淳のモノマネしとったわ!」と教えてくれました。


夢の中でまで私を笑かしてくれてありがとう。いろんな人に感謝の1日でした。



メダカ



ブログランキングに参加しています。

下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします




# by familiesofaddicts | 2024-03-19 06:00 | メダカ | Comments(0)

よくないふるまい

家族相談会に参加ご希望の方は、ご予約(メール又は電話)をお願い致します。

🌸次回の家族相談会は4月21日(日)です。🌸


 私は自助グループに入り、同じ問題を持った仲間と出会い安心しました。ひとりで何とかしなくてはいけないという、地図を持たない状態から抜け出したように感じたからです。もうひとつ、自助グループの中で取り組む、生き方を整理する方法(プログラム)に出会って、より大きな安心を得た気がします。

 その中で、自分中心の生き方を手放し、自分のよくないふるまいを手放すということを学びます。依存症の問題が起きる前から、自分にはよくないふるまい(自分を生きづらくさせているような、不合理なふるまい、考え方)があったように思います。簡単にいうと、誰かに対する怒りで平安を失うとか、意味のない盲目的な未来への不安に押しつぶされそうになるとかです。

 当たり前のように効率の悪い生き方をしていた(している)私にできることは、思いが起こるたび、その都度それに気づき、対処することです。放っておくとぜんぜん出来ません。気づかずにどんどん時は過ぎていき、よくない流れを生み出します。ずっと取り組み続けること、それが一番楽になる方法に思います。

 プログラムと呼ばれているものはとてもシンプルです。でも当たり前のことがとても難しい。簡単な、でも難しい一瞬ごとの気づきを積み重ね、桜の季節を迎えたいと思います。


ススキ



ブログランキングに参加しています。

下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします




# by familiesofaddicts | 2024-03-18 11:37 | ススキ | Comments(0)

家族相談会に参加ご希望の方は、ご予約(メール又は電話)をお願い致します。

🌸次回の家族相談会は3月17日(日)です。🌸


時々読んでいる、ブログがあります。以前に、「愛情をケア労働で示さない」というブログを上げられていました。


人を世話する労働(ケア労働)は愛と結びつけて解釈されやすい。ケア労働は、毎日の営みであり、少しでも怠ると愛の欠如ととらえられすら、することがある。


やること=当たり前、やらないこと=マイナスと解釈されがちといった内容のことが書かれていました。


思い浮かんだことがありました。


私が仕事を調整して、娘の病院の付き添いをすると、彼女はいつも何かを作って私をもてなしました。それは彼女なりの誠意で、恩返しなのかもしれません。


でもこの時、あのブログを思い出し、私は家の中で、自分がこのケア労働を担うことで、家族内での自分を絶対的な存在にし、『何かをすることで人は評価されるということ体現していたこと』にも気づかされました。


『自分の存在そのもの』でなく、『自分が何をしたか』で娘は評価されると感じていたのではないかと思いました。


家族の為に、よい母親・妻である私は、自分の時間(自分自身)を、削って奉仕する。

自分以上の無理を続ける姿は、他人にも無理を求めていたのだと感じました。


息子がODで自分を傷つけることの裏側も。


何かしなくても、私は私でいいんだよ。


あなたはあなたでいいんだよ。


今は『ただの私』を見てほしい、『ただのあなた』を、見せて欲しいと感じています。


今日も仲間とお待ちしています!


Kong




ブログランキングに参加しています。

下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします




# by familiesofaddicts | 2024-03-17 07:52 | kong | Comments(0)

春・三月・桜

家族相談会に参加ご希望の方は、ご予約(メール又は電話)をお願い致します。

🌸次回の家族相談会は3月17日(日)です。🌸


「春・三月・桜」


このワードを見たり聞いたりしたら

だいたいの人はウキウキワクワクするのでしょうね。

新しいシーズン気持ちも新たに頑張ろう!とか

花見に出かけよう!とか、、、。


中にはそんな気持ちにはなれないという人もいるだろうけど、、、。

私もその中の1人です。


ちょう4年前のこの時期、長男が大麻で逮捕されました。

警察から連絡があり、最初に面会に行くのは主人と行きましたが、2回目の私一人で行ったときのことです。


駅から降りて警察に行くまでの道が桜が満開でした。「きれい~」と言いながら写真を撮ってる人もいました。


でも私は、重い足どりでため息つき泣きながら歩いていて、その桜を見てなんとも思わなかったのです。

あの時、自分が見ている風景はモノトーンのようだったのを今でも覚えています。

今も桜=逮捕と連想してしまうぐらいです。


それまでは毎年花見に行ったりしていたのに。

こんなに状況が変われば感じることも変わるのだと身を持って体験しました。


コロナ5類に移行してからの春がそこまで来ましたね。桜の名所では賑わいが復活するでしょう。


あれから4年、、、。


モノトーンからカラフルな世界へ。


私はまだ時間がかかりそうです。



うらら



ブログランキングに参加しています。

下記、バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 薬物依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ


毎月第3日曜日に、家族相談会を行っております。
ご連絡は下記まで
kazokunokai89@gmail.com
※秘密は厳守いたします




# by familiesofaddicts | 2024-03-16 07:38 | うらら | Comments(0)